プリティーウーマンのエドワードルイスの職業は?ビビアンとの年齢差や設定についても

※当ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

映画
スポンサーリンク
https://twitter.com/setsuna702/status/1625107066259111937?s=20

プリティーウーマンは

「ウォール街の狼」と呼ばれる実業家のエドワードと売春婦のビビアンが出会い、

次第に惹かれ合う姿を描いたアメリカ的シンデレラストーリー。

お金持ちのエドワードルイスの職業は何か?
ビビアンとの年齢差や設定について調べました

 

スポンサーリンク

プリティ・ウーマンのエドワードとビビアンの役柄は?

ビビアン役のジュリア・ロバーツとエドワード役のリチャード・ギア

エドワードはとてもお金持ちの役柄ですが、

一体何の仕事をしているのか気になりますよね!

また二人の役柄と年齢設定も調べてみました。

 

ビビアン/ジュリア・ロバーツ

Tweet / Twitter

ビアン役のジュリア・ロバーツは

ハリウッドの道端で働く売春婦の役。

ダメ男を追って故郷を出たが捨てられ、金欠で困っていたところキットに出会い売春婦の仕事を始めます。

高級車に乗るエドに声をかけ、10ドルでホテルまでの道案内を引き受け、

ビビアンは体は売っても愛する人としか口にキスはしないという発言に興味を持ったエドワードは

3000ドルでロスに滞在中の6日間一緒に過ごすという契約を持ちかけビビアンは快諾。

エドワードを次第に好きになっていきますが、
そんな夢物語が叶うはずはないと思っています。

エドワードと出会い、どんどん素敵に変身していく姿はとてもかっこよかったです。

また、カーリーヘアのビビアンはスタイルもよく、とても綺麗でしたね!

足の長さは、ヒップからつま先までで約110センチあるそうです。

 

エドワード・ルイス/リチャード・ギア

エドワード役のリチャード・ギアは

金持ちでハンサムな実業家。父の浮気によって両親が離婚。

父に復讐するため父の会社を乗っ取ったのが、今の道に進むきっかけとなる。

ホテルに滞在する6日間を3,000ドルでヴィヴィアンと契約します。

初めて来たという高級ホテルの部屋で子どものようにはしゃぐビビアンを気に入ったエドワードは

次第に彼女に恋し、自分の仕事のやり方に疑問を持ち始める。

ロマンスグレーの髪とスーツ姿が渋くてなんともかっこいいですよね。

 

エドワードの職業は?

金持ちの実業家。企業買収を専門とするビジネスマン。

M&Aという言葉が出てきていましたが、

投資銀行のM&A部門の仕事で

企業の合併や買収にかかわる仕事で、株式の買収・営業の譲渡・合併など。

M&Aのアドバイザーということで、企業価値を増大させるための企画と立案、その具体策としての資本取引の仲介等をやっていたのではないでしょうか?

 

ビビアンとエドワードの年齢差や設定は?

ビビアン役のジュリア・ロバーツは当時23歳。

エドワード役のリチャード・ギアは当時41歳。

ビビアンとエドワードの年の差は18歳でした。

ジュリア・ロバーツが23歳には見えない大人っぽさ。
リチャード・ギアも41歳には見えない若々しさで、

18歳の年齢差があるようには見えませんでしたよね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

プリティーウーマンのエドワード(リチャード・ギア)の職業が何かを深掘りしてみました。

企業買収を専門とするビジネスマンという役。

お金持ちの理由がわかりましたね!

ビビアンが売春婦からどんどん素敵な女性に変身していく姿は本当に美しかったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました